PC版を表示

テレビ受信障害に関するよくあるご質問

Q.700MHz利用推進協会とはどういう団体か?

A.当協会は、株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社及びソフトバンク株式会社の携帯電話事業者4社により、2012年12月に設立され、700MHz帯の携帯電話電波利用環境を整備する業務を委任されている団体です。

Q.なぜ携帯電話基地局で700MHz帯の電波を使用するのか?

A.スマートフォンの利用率が高まり、携帯電話会社が安定した移動通信サービスを行う上で不可欠な、新たな電波の周波数帯を総務省より割り当てを受け、より良い移動通信環境を整備する為に700MHz帯の電波を使用します。

Q.テレビが映らなくなった。故障したのか?

A.携帯電話基地局から発射される700MHz帯の電波が原因で、テレビや受信設備(アンテナやブースタ)が故障した事例はありません。同様にご使用の機種によっては、HDDレコーダー等で正常に録画ができなくなる事例も希にあるようですが、機器の故障ではございません。
『700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター』へご連絡いただき、状況を確認させて頂いたうえで、携帯電話基地局から発射される700MHz帯の電波の影響による症状である事が確認された場合には、回復作業等により適切に対処させて頂きますのでご安心頂ければと考えます。

Q.テレビ受信障害対策(テレビ映像の回復作業)とはどの様な事をするのか?

A.お客様宅にご訪問をし、テレビ電波の受信状況及びテレビ受信設備の状況を調査・確認させて頂き、携帯電話基地局で使用する700MHz帯の電波を取り除くフィルターの取り付け、もしくはブースターの交換を行います。

Q.室内に入って作業を行うのか?

A.テレビ受信設備が室内にある場合は、回復作業を行うために室内に入らせていただく場合がございます。
また、回復作業の前後に、テレビ映像の確認を行うため、室内に入らせて頂きます。
いずれの場合においても、お客様のご承諾をいただいたうえで、室内に入らせていただきます。

Q.テレビ受信障害対策には費用が掛かるのか?

A.回復作業に関する費用は、当協会にてすべて負担いたします。
工事作業員がお客様に費用を請求することも一切ございませんので、詐欺行為や悪徳商法にはくれぐれもご注意頂きますようお願いします。
ご不明な点などございましたら、『700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター』までご連絡ください。

Q.テレビ受信障害対策工事を自分で実施もしくは、自分で依頼した電気店等から700MHz利用推進協会に費用を請求できるのか?

A.受け付けておりません。
本対策工事については、当協会が認定事業者(携帯電話会社)からあらかじめ、どの地域の基地局で700MHz帯の電波を使用するか情報提供を受け、その情報を基に対象となる地区のお客様にご連絡、ご説明を行い対策をさせて頂く形をとっています。
詐欺行為や悪徳商法には、くれぐれもご注意頂きますようお願いします。ご不明な点などございましたら、『700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター』までご連絡ください。

Q.テレビ受信障害対策員とはどの様な人なのか?

A.700MHz利用推進協会からお客様への説明や対策工事業務を委託した者です。
対策員は、当協会が発行した『対策員証』を携行しております。お客様宅にご訪問させて頂いている対策員が当協会から委託を受けた人間なのか確認する場合は、対策員証の表面右上に記載している管理番号をご確認頂き、コールセンターにお問い合わせ頂くことで照会できます。
ご不明な点などございましたら、『700MHz(メガヘルツ)テレビ受信障害対策コールセンター』までご連絡ください。

このページの先頭へ

スマートフォン版を表示