PC版を表示

周波数共用について

概要

NTTドコモ、KDDI及び沖縄セルラー電話、ソフトバンクおよび700MHz利用推進協会は、 700MHz帯特定基地局の開設に向け、免許人の皆様との調整等を実施してまいりましたが、この度全ての免許人様との間で700MHz帯特定基地局の開設の合意が完了いたしました。皆様と締結させて頂きました「700MHz帯特定基地局の開設に関する合意書」 に基づき、特定ラジオマイクおよびFPUとの周波数共用を実施させていただいております。

周波数共用開始時期

≪周波数共用の開始日≫
2015年3月30日

電波発射地域

≪700MHz帯特定基地局の電波発射地域(2017年4月以降)≫

700MHz帯特定基地局の電波発射拡大地域(2016年7月以降)

No 都道府県名等 No 都道府県名等 No 都道府県名等
1 北海道 ※2 14 福井県 27 広島県
2 青森県 ※2 15 山梨県 28 山口県
3 岩手県 16 長野県 ※2 29 徳島県
4 宮城県 17 岐阜県 30 香川県
5 秋田県 18 静岡県 31 愛媛県
6 山形県 ※2 19 三重県 ※2 32 高知県 ※2
7 福島県 ※2 20 滋賀県 33 佐賀県
8 新潟県 ※2 21 京都県 ※2 34 長崎県
9 栃木県 22 奈良県 35 熊本県 ※2
10 群馬県 23 和歌山県 36 大分県
11 新潟県 24 鳥取県 ※2 37 宮崎県 ※2
12 富山県 25 島根県 ※2 38 鹿児島県 ※2
13 石川県 ※2 26 岡山県 39 沖縄県 ※2

※:対象の都道府県において、順次電波発射地域の拡大を実施する予定
※2:2017年3月31日以前の電波発射地域

≪700MHz帯特定基地局の電波発射地域(2017年10月以降)≫

700MHz帯特定基地局の電波発射拡大地域(2016年7月以降)

※:日本全国において、順次電波発射地域の拡大を実施する予定

共用調整窓口

周波数共用の開始に伴い、特定ラジオマイク・FPUと700MHz帯特定基地局との周波数共用調整の窓口を
開設いたします。

≪共用調整窓口開設日≫
2015年3月2日 ※共用調整窓口につきましては、周波数共用の開始日に先行して開設いたします。

区分 連絡先
メールアドレス RM 700chousei-rm@700afp-ca.jp
FPU 700chousei-fpu@700afp-ca.jp
フリーダイヤル 電話 RM 0120-954-701
FPU 0120-954-702
混信時 0120-954-703
FAX 0120-925-704
フリーダイヤルが繋がらない場合 電話/FAX 共通 03-3342-0206

※ 携帯電話のメールフィルタ機能をご利用頂いている場合は、本メールアドレスの受信許可設定を
  お願いいたします。
※ 電話会社のメンテナンス・障害などによりフリーダイヤルが繋がらない場合には下記へご連絡を
  お願いします。

周波数共用調整に関する説明会のご案内

セミナーは終了致しました。大変多くの方にご参加頂き、誠にありがとうございました。

特ラ機構会員様 および 関係者様はこちら

放送事業者様 および 関係者様はこちら

周波数共用に関する参考情報

700MHz帯LTE基地局-特定RM間の混信雑音収録データ

700MHz帯LTE基地局から特定RMへの混信雑音時の収録データは以下の通りです。
試験条件についても合わせてご確認ください。

■ 試験条件
試験条件

■ 音ファイル
01_アナログ特定RM-基地局間500m(受信機スケルチON)_ノイズ有り(WAV)
02_アナログ特定RM-基地局間3km(受信機スケルチON)_ノイズ無し(WAV)

また、参考情報として受信機スケルチOFFへ変更した場合の音ファイルを掲載致します。

03_【参考】アナログ特定RM-基地局間500m(受信機スケルチOFF)_ノイズ有り(WAV)

700MHz帯LTE基地局と特定RMの混信切り分けフロー

万一の混信時における切り分けフローを掲載いたします。

01_特定RMと携帯基地局との混信判断フロー 1.1版(PDF)
02_特定RMと携帯基地局とのCH関係一覧表詳細 1.1版(EXCEL)

700MHz帯LTE基地局の波形データ

700MHz帯LTE基地局の波形データは以下の通りです。
700MHz帯LTE基地局の波形データ
※各携帯会社毎に基地局位置が異なるため、場所により波形の高さが異なります。

離隔距離範囲一覧表

基地局電波発射地域における特定RM(アナログ)運用区分毎の離隔距離の例として、市区町村毎の離隔距離範囲一覧表を掲載いたします。

離隔距離範囲一覧表 3.0版(EXCEL):2017年4月以降

■ 資料の条件
・700MHz帯LTE基地局の諸元は、各地域の基地局場所、諸元(LTEアンテナ高:60m以下、周波数関係:同一周波数、電波出力値:59.9dBm以下)に基づいています。

・実際には、携帯基地局のアンテナ高、出力値や特定RMの使用場所、アナログ、デジタルの種別により離隔距離は変動いたしますので、本データはあくまでも参考としてご利用ください。

・当該一覧表の空白地域で特定RMを運用する場合でも、運用連絡はマイク同士およびFPUとの運用調整に用いられますので、必ず特ラ機構様への運用連絡をお願いします。

よくあるご質問

周波数共用に関するよくあるご質問(PDF)

このページの先頭へ

スマートフォン版を表示